www.montingdoo.com/

経験則からなる引越しの荷作りのコツ

経験則からなる引越しの荷作りのコツ

友達の引越しを手伝っているうちに荷造りが上達してしまいました。それで余計に引越しの手伝いに呼ばれるようになり、少々困っています。
きれいな荷作りは業者の人じゃなければ難しいとは思いますが、私がしている程度のものなら誰でも出来ることだと思うので、頼られても複雑な思いがありますね。
事前に調査引越し単身ガイド【1万円代で単身の引越しをする方法!】のプラン

 

引越しの荷作りのコツは、とにかく大まかに使う頻度ごとのグループに分けてしまうことだと感じます。引越しはつめるのが目的ではなく、後から開いて住居を整えるのが目的なので、収納はいい加減でも荷解きしやすくしてしまえば良いと思うのです。
ですから私はいつも、服だろうが文房具だろうが関係なく、同じ引き出しや同じタンスに入っているものは一つの箱に入れてしまいます。いちいち分類ごと分けずに、同時期に使用するものは一つにまとめてしまいます。割れ物や場所をとるものなども、そのつど分けていくのです。
ダンボールに中身の内容を書いておけば、少なくとも引越し先で必要なものを出すためにいくつも箱をあけたり、探しまわったりする必要はなくなります。ちょっと大雑把な方法ですが、時間に余裕がないときは便利ですよ。

ホーム RSS購読 サイトマップ